宮城県:東鳴子温泉 美肌の湯ガイド〜温泉につかってきれいになる!〜

2008年01月27日

宮城県:東鳴子温泉

■宮城県:東鳴子温泉

美肌の湯としても知られている宮城県「東鳴子温泉」を紹介しています。


【下記紹介文は、Wikipedia:より引用】

東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)は、宮城県大崎市(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)鳴子温泉郷にある温泉。


【東鳴子温泉:泉質】
食塩泉
重曹泉
芒硝泉
湧出場所により泉質の違いがみられるが、それら多くに共通しているのは、植物腐食成分を含むモール泉の性質を持つことである。モール臭とよばれる鉱物系のにおいがあり、一部の湯ではこれに重油・シンナー様のいわゆる「アブラ臭」が加わっている。

陸羽東線と江合川に囲まれた赤湯地区では、「赤湯共同源泉」と称される、いくつかの源泉をブレンドした湯が共同配湯されている。陸羽東線より東南側には、田中温泉・高友旅館黒湯・中野温泉・馬場温泉などの個性的な湯が湧く。江合川の向かい側、赤這地区ではこれらとはまた違うさまざまな湯が湧出している。


【東鳴子温泉:温泉街】
14軒の旅館が存在する。温泉街は大きく分けて3つに分けられる。駅周辺部、江合川対岸、駅から東南へ旧道を国道47号に向かって歩いていった方面に点在する温泉である。駅東南側の温泉はそれぞれ地域の字を冠した温泉を名乗っている。馬場温泉、田中温泉、中野温泉などである。

古くから湯治場として開けたことから、素泊まりや自炊部、また混浴浴場を有する旅館が多い。


【東鳴子温泉の歴史】
開湯の伝説は2つ存在する。1つは、平家の落人が仁治元年に発見したとする説。もう1つは天平19年にこの地に玉造軍団が設置された際には既に温泉は存在したとする説である。

江戸時代には仙台藩藩主専用の風呂である御殿湯も置かれた。仙台藩の御殿湯は青根温泉にも置かれた。現在の最寄駅の駅名はこれに由来する。

明治43年に発生した山崩れで温泉街は一度壊滅したが、その後復興している。


    以上【Wikipedia】より引用
posted by 美肌温泉 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌の湯ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80876069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。